放棄山林、耕作放棄地の再生/植樹/森林の維持管理/CO2削減/地域振興

北のまちふるさとプロジェクト
HOME 会社案内 事業内容 理事略歴 LINK お問い合せ
Location
ホーム 事業内容2
事業内容
プロジェクト2へ
北のまちふるさとプロジェクトについてこちらのサイトもご覧ください。
◆耕作放棄地(遊休農地)の再生・活用事業の推進
◆放棄山林、荒廃した里山の再生・活用事業の推進
◆木質バイオマス燃料の普及推進
◆地域産品の販売促進および支援
   

プロジェクト1 「耕作放棄地(遊休農地)の再生と農業再開事業」

(1)増え続ける耕作放棄地

 食料自給率の低迷とともに声高に叫ばれる問題のひとつに耕作放棄地の増大があります。青森県は 11% と東北地方では福島県の2万1700ヘクタール (14.9%) に次ぐ高い水準です。
しかも下北半島は県内において 41.0% と三八 (18.0%)、 東青 (16.4%) など他地域と比べてもダントツに高い数字を示しています。(東奥日報2009.7.19)。農作物価格の低迷や狭い耕地のため大規模化も進めにくく、非効率などが原因で収入減につながっています。高齢化や後継者が不足するなどして労働力が確保できず放棄地の増大に拍車をかけています。
これらの問題は、単に農地の減少という物理的な現象に留まらず、食料自給率の低下や農作物の供給地としての地域経済の地盤沈下にも繋がるなど大きな影響を及ぼしています。


(2)耕作放棄地を再生し活用を図ります

 作付けする意思がない、あるいは出来ないでいる農業者や土地の所有者に会い譲渡(借用)してもらいます。
土地の状況に応じてあらたな耕作や改良をしたうえで持続可能な再生方法を立案していきます。
耕作放棄地の再生は、これまでのように作るだけの農業から、流通、販売に至るまでの総合的な取り組みのもとで進めなければ成立するものではありません。栽培品目の差別化やブランド化、効果的な情報発信もあわせて行い、若年労働者にも魅力的かつ安定した産業になるようなものにしなければならないと考えています。

新城ヶ沢 川内

(3)遊休農地を所有しあらたな取り組みを始めます

 市内城ケ沢地区において、約4アールの耕作放棄地を所有管理(借用)し、再耕作を行っています。
これらの活用については単に農作物を栽培するのではなく、持続可能かつ収益のあがる仕組みづくりを現在立案しています。
地方と都市の交流交遊という私達の理念に基づき、耕作放棄地の問題を都市住民にも共有してもらう場として情報発信し、協働作業として耕作していくという事業を計画しています。

新城ヶ沢 川内

プロジェクト2へ
このページの先頭へ
「北のまちふるさとプロジェクト」に関してのご意見をお待ちしております。「こちら」まで
Copyright(C) 2009 北のまちふるさとプロジェクト All Rights Reserved.